ホームページ

京都設備工業の仕事

京都設備工業の仕事

それは、『エレベーター工事』

この仕事は、工事現場で働く多くの職種の中でも極めて特殊なお仕事

 

Pocket

会社概要

会社概要

 

商号 京都設備工業株式会社
英名表記 kyotosetsubi kogyo co., ltd
本社所在地 612-8403

京都京都市伏見区深草ヲカヤ町7−6

ヨミ キョウトフキョウトシフシミクフカクサオカヤチョウ
電話番号 075-642-0233
FAX番号 075-642-8933
会社設立年月日 1969年1月21日
資本金 1,000万円
代表者 百武 徳弘
事業内容 1.昇降機の据付工事施工

2.電気設備の設計並びに工事施工

3.上記に附帯関連する一切の事業

建設業許可  一般建設業許可

機械器具設置工事業

京都府知事許可(般-24)第4426号

主要取引先 こちら

 

Pocket

業務内容

業務内容

 

京都設備工業 アンカー打設

アンカー打設

 
エレベーター工事紹介1
「アンカー打設」
コンクリート面に器具を取り付ける際、12mm前後のアンカーボルトというボルトをコンクリートに打ち込みます。
打ち込むと言っても、あらかじめ空けたキツキツの穴にアンカーボルトを差し込む。というイメージ。
コンクリートに穴を空ける電動ドリルは一般に、ハンマードリルと呼ばれています。

京都設備工業 アーク溶接

アーク溶接

エレベーター工事紹介2
「アーク溶接」
エレベーター新設工事では溶接を行うシーンがほぼ間違いなくあります。(例外もありますが)
ホルダーと呼ばれる持ち手に溶接棒をくわえて、母材(溶接する金属)を溶接棒の先でショートさせると、母材と溶接棒が溶けて接着する。というイメージ。
ちなみにアーク溶接の際に出るスパークの温度は4000〜6000℃で、太陽とほぼ同じ。そんな光を肉眼で見ようものなら、たちまち目を痛めてしまうわけで、よく見る溶接用のお面を使って作業します。

京都設備工業 玉掛け・揚重

玉掛け・揚重

エレベーター工事紹介3
「玉掛け・揚重」
ワイヤーなどを使って、材料を吊り上げることを玉掛けといいます。そして吊り上げた材料を上げたり下げたりすることを揚重(ようじゅう)といいます。エレベーターの工事をするにあたって、玉掛けは大変重要な作業です。

京都設備工業 CWT.WT

CWT.WT

エレベーター工事紹介4
「CWT.WT」
一般的なエレベーターには“カウンターウェイト”と呼ばれる、カゴ(普段乗ってる箱)と釣瓶式に繋がれたオモリが存在します。オモリ枠に積まれたオモリは1枚1枚、我々が積んでいます。

Pocket